しゃきしゃきっとした金糸瓜(きんしうり)のまろやか吟醸奈良漬

地元酒蔵の吟醸粕を使ったお茶請けにも喜ばれる金糸瓜奈良漬

金糸瓜奈良漬金糸瓜(きんしうり)は、普通、奈良漬に使われる白瓜とは違い、果肉が繊維のようにほろほろとほどけ、しゃきしゃきっとした歯ざわりが、なんとも心地よい野菜です。金糸瓜は、別名ソウメンカボチャとも呼ばれ、地元高柳町で栽培された安心野菜を使っています。さらに、地元酒蔵の吟醸粕を贅沢に使い、まろやかな甘味と芳醇な香り加わって、今までにない奈良漬が出来上がりました。お酒のおいしい新潟だからこそできた、この吟醸奈良漬をぜひご賞味ください。

この記事の著者

(株)越後みそ西

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る