あっ、もう1年

新緑の季節が過ぎ、さまざまな木々もくっきりとした色の輪郭を見せているこのごろです。

梅雨に入る前の今頃が私の一番好きな季節です。私どもの会社から見える中学校の周りの木々も柔らかな緑からいつの間にか鮮やかな緑に装いをかえています。

世の中は日々ダイナミックに変化し、新聞の1面には毎日のように驚くようなニュースが掲載され、インターネットは無数の情報を交錯させています。

鮮やかな緑が心地よいそんな中で、慌しく日々が過ぎていくようです。

昔は、自然が少しずつ季節の色を変えていく様に、日々の暮らしも同じ様に少しずつ変化していき1年が過ぎ、また、次の年が来ていたのでしょうか。

それに比べて今は、自然のスピードを人間社会のスピードがはるかに追い越し、そこに大きな摩擦を生じている様に思えてなりません。

また、個人も(私だけかも?)社会のスピードに日々の暮らしを翻弄されているようです。

ムーアの法則(18ヶ月でパソコンの性能は2倍になる)は確かに存在し、あらゆる分野に影響を与え、人間社会のスピードを加速し続けているようです。

緑を深める葉を眺め、なんと自然とはゆっくりとした確実な変化をしていくのだろうとしみじみ感じました。

どうも自分は情報にふりまわされて気ばかり焦って、社会のスピードに乗ろうとしながら、右往左往しているだけに思えてきました。

自分の中での時間の流れを少しゆっくりさせて、緑の変化と日々の暮らしをリンクできたらいいなと感じています。

などと、eこってのメンバーに加えていただいておりながら、いまだにホームページ工事中の言い訳を必死にしています。

eこってニュースも2回目。1年は本当に早いですね。

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る