夢を実現したテニス界の王者 太田芳郎

柏崎は、スポーツ都市として公認グランドをはじめ多くのスポーツ施設を持っています。また、多くの一流選手を育てて来ました。
太田 芳郎 氏その中で今回は、太田芳郎氏を紹介いたします。
柏崎尋常高等小学校高等科へ進みテニスに没頭。新潟師範学校時代に洲崎義郎(元市長)の招きで柏陽倶楽部や早稲田大学の部員と練習、指導も受ける。
比角尋常高等小学校教員後、東京高等師範学校(現筑波大学)へ進み、夢を世界へ向け英国へ留学し、円熟期を迎える。
デビスカップに4年連続出場(これはすごいことです!)監督も務める。
世界大会4ゾーンの米国や欧州で優勝や決勝進出を果たし、昭和6年国際テニスクラブ名誉会員となる。
戦後東村山市に転居。郷里を敬愛し太田杯を寄贈(太田杯テニス大会は、現在も続いています)。
柏崎の庭球熱を高め、昭和51年東村山市とスポーツ姉妹都市の提携。
平成8年には一般姉妹都市提携へと発展し、後に東村山市名誉市民となりました。
(こんなすごい人が柏崎に居たなんて・・・)
私が太田氏にお会いしたのは91歳のときでした。(享年94歳)
また、最近知ったことですが、私の母校第二中学の校歌は、作曲太田芳郎 作詞洲崎義郎です。
(卒業生のみなさん、知ってましたかぁー・・・)
次回は、柏崎鉄工界の祖、大河内正敏氏を紹介いたします。お楽しみに!

この記事の著者

(株)酒井鉄工所

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る