eこってニュース 毎月1日・11日・21日にUP

eこって柏崎メンバーが身近な話題を提供するページです。

ニュースのほか、柏崎の地域情報を随時紹介する「e地域ナビ」もあります。

eこって柏崎@柏崎商工会議所

トップページ
e地域ナビ
サイトマップ
運営規約
リンク
お問い合わせ
プライバシーポリシー

トップページeこってニュースバックナンバーリスト>ニュースバックナンバー2010年5月

微笑仏の木喰(みしょうぶつのもくじき)さん・・・・高橋章作品展〜木喰仏を描く、撮る〜によせて

e-こってニュースをご覧の全国の皆様、こんにちは! こんばんは!

全国的に、天候不順の春も終わり、ようやく、柏崎も、5月14日ごろから、良いお天気の日が 続くようになりました。

e-こってニュースがはじまってから、早くも?5回目の登場となります!!

中越地震・中越沖地震に続き、全国の皆様方から、多大なるご支援・ご激励をいただきまして、 心より感謝申し上げます!!

「まだまだ柏崎!!もっともっと柏崎!」を今後ともよろしくお願いいたします。

 

柏崎の新橋にある「游文舎(ゆうぶんしゃ)ライブラリー」で、5月15日(土)〜23日(日)まで、「高橋章(あきら)作品展〜木喰仏を描く、撮る」が開催されています。

おりしも、2010年は木喰上人(もくじきしょうにん)没後200年に当たり、(社)新潟県観光協会が、「うまさぎっしり新潟」観光通信でも、大体的に取り上げており、皆様の中でも、拝見されていることと存じます。

 

木喰上人は、1718(享保3)年、山梨県下部町に生まれ、1810年(文化7)年、93歳 の生涯の中で、45歳で「木喰戒(もくじきかい)」を受けた後、日本各地を旅し、千体以上の仏像(いちょうやけやきの木の手彫り)を彫られております。

新潟には、64歳からの4年間、85歳からの4年間、滞在され、全国で確認されている約620体の木喰仏にうち、約260体が存在しています。

特に、米寿を迎えた2度目の、越後での木喰仏は、その後、「微笑仏(みしょうぶつ)」として、木喰上人の 円熟期の作品として、優れた傑作が多いとされています。

また、30体を超える大群像が、新潟県の4か所のみに、存在しているのも、わが新潟の風土・人情が「水にあった」証拠ではないでしょうか!!

 

当柏崎刈羽地方でも、83体が存在し、市立博物館には、枇杷島・十王堂の「葬頭河婆(しょうずかば)」像をはじめ、4体が展示されています。

02

さて、私の叔父の中村藤和さんの同級生、高橋章さんは、昭和16年柏崎市新道の生まれで、NHKの美術カメラマンとして、世界各地をロケし、数多くの芸術家のアトリエを撮影し、「日曜美術館」「土曜美の朝」の番組を山根基世アナウンサーとともに手がけられ、定年退職後、「TOU映像プランニング」を立ち上げられ、今日に至っておられます。

 

長いカメラマン生活の中で、絵画にも目覚め、自ら、油絵に取り組まれ、今回、数多くの木喰仏を描き、その力作を展示されております。

 

また、高橋さんのDVD「木喰仏に曳かれて」(50分)(販売価格¥1,000)も、すばらしい映像の数々で、見るものを虜にしてしまいます。

高橋さんは、昨年2月に続き、2回目の個展開催ですが、柏崎の誇る「綾子舞」の映像保存にも取り組まれており、益々の活躍を心から祈念する次第です。

03

 

興味のある方は、「游文舎(ゆうぶんしゃ)ライブラリー」にお出かけになって、高橋さんにお会いしてみたら いかがでしょうか!

 

中藤商店 中村 藤浩

世界で2番目に小さい国

01

昨年、友人からモナコにF1観戦に行こうと誘われて行って来ました。

旅行費用を全額振り込んだ直後に日本で新型インフルエンザの感染者が見つかったという報道があり、パンデミックになるかどうかで右往左往していた時期なので、最悪はホテルに缶詰になるかもと覚悟をして出発しました。

しかし、ヨーロッパではテロ対策の方が厳しく、ヒースロー空港では靴まで脱がされている人がいたほどでした。

モナコ公国は南フランスの俗にコート・ダジュールと呼ばれる海岸線沿いにある小さな国です。

面積が2平方キロメートルに満たないですから散歩しているだけでうっかりすると隣のフランスに入ってしまいます。

実際、パスポートなしで国境を行き来できるので入国のスタンプは頼まないと押してくれません。

ほとんど観光記念スタンプですね。

 

02

モナコは街中の公道でF1レースが行われることでも有名ですが、なんといっても1956年にレーニエ3世がハリウッド女優のグレース・ケリーと結婚したことで世界中の注目を集めました。

これは高台にある旧市街の歩道に設置された写真ですが、ほんとうにきれいな人だったのですね。

モナコでは古いお店ほど古い公室の写真を飾っているそうです。

 

03

モナコは国土が狭いですが高低差に富んだダイナミックな地形をしています。

そのため移動は如何にエレベータを活用するかなのですが、何故か隠されている場合が多いのが困ったものです。

慣れないと目の前に見えている場所に行けないという事態が多々発生します。特にF1時期は、街中のメイン道路がコースとなり、立ち入り禁止とタダ見禁止のためにすべて壁で覆われますので、なおさら移動が困難になります。

 

なお、レース期間中、1日だけコースを開放して一般の通行を許可するコース見学日がありました。

コースを歩いて一周してみたのですが、予選でF1のタイヤがこすったゴムの黒い跡が生々しく残っていたり、コースに出入りするためにガードレールが取り外せる構造になっていたりするのがわかって面白かったです。

04

写真はモナコF1名物のローズコーナーです。

大きなF1の車体でこの狭いコーナーを360度ターンするのですからF1ドライバーというのはとんでもないですね。

 

モナコの人口は3万人強程度ですが人口密度はかなり高いです。

タックスヘイブン目的のお金持ちが国土の狭いモナコに住むためにマンションが林立しているためだと思われます。

普段は閑散としているのでしょうがレース本番の日はこんな感じでごった返しています。

05

また、ちょっと広い通りにでるとフェラーリが大衆車のようにたくさん走っています。

いくらモナコにセレブが集まっているにしても、たぶんF1という車好きのお祭りにファンが集まっているのでしょうね。

06

F1のコースは、海岸沿いの細長いモナコ公国を端から端まで走るため半分は海に面しています。

このようにヨットハーバーに面したホテルからはレースを見ることができるため鈴なり状態になります。

ホテルが倒れてこないかちと心配になるほどの熱狂振りでした。

でもあそこは日陰も飲み物もトイレもあるでしょうから特等席ですね。

1部屋100万円でも10人も入れれば元がとれるでしょうから宿泊費はいったいいくらなんでしょう。

 

一般のレース観戦者は、仮設ベンチに割り振られた大人がやっと座れる程度の全席指定の狭い席で日干しになっているのですが、湾内にクルーザー停泊許可を持っているお金持ちはビーチチェアなどに寝転がりビールを飲みながら観戦します。

07

コースを挟んで天国と地獄といった感じです。

また、どう考えても狭い湾内に無理やり入ってきている大型クルーザーなどはスモークガラスで中がまったく見えずどこぞの王族かという感じです。

モナコのF1では、チェッカーの瞬間に湾内に停泊しているクルーザーやヨットが一斉に汽笛を鳴らす習慣があります。

絶好調のバトンが優勝した瞬間に居合わせてその雰囲気を味わえたときには感動しました。

 

ちなみに宿泊したのはフランスのニースです。

08

モナコへは電車で20分くらいでいけるので不便は感じません。カンヌにも近くいろいろ遊びにいけます。

でも、お国柄の違いでしょうか、駅近くの路地でこんな縦列駐車を見かけました。

坂道でこんなにぴったりくっつけて停めていったいどうやってでるのか不思議です。

帰りはコート・ダジュール空港が満杯の為、イタリアまで足を伸ばしてミラノから帰ってきたのですが、バスの運転手が混雑を避けるためとんでもない迂回路を通ったためミラノ観光のおまけがついた楽しい旅行でした。

 

東京レコードマネジメント(株) 神林 良人

5月といえば・・・

そろそろ4月も終わり5月になろうとしています。

そんな時期、新社会人や今年、大学に入った人が、かかってしまうかもしれない5月病。

別名アパシーシンドロームとも言います。

そんな私も今年に入った新入社員です。

なので、ここは5月病というものについて、語ろうと思います。

5月

まず5月病の原因というのが環境の変化、新しい人間関係作り、その他もろもろのことでストレスが積み重なって行くのが主な原因です。

そして、その溜まったストレスが5月のゴールデンウィーク明けごろ爆発し5月病の無気力として現れてくるみたいです。

その中でも一応5月病にかかりやすい人というのも居るそうで、例えば真面目で几帳面、完璧主義な人、内気で孤立しやすい人が主に多いらしいです。

かく言う私は、性格的に一応真面目で内気なところもあるので、5月病にかからないようにして行きたいものです。

 

そんな、あなたや私には、こんな予防策があります。

例えば、自分の好きなことをしたり、のんびり休んだり、自分の愚痴を聞いてもらうのも良いみたいです。

ですが食事や酒に頼るのは摂食障害、アル中の危険性があるので注意しましょう。

 

ちなみに私のストレス発散法は、読書に没頭したりネットサーフィンをしたり、音楽を聞いたり、友人や親に、いろいろと話を聞いてもらうことですね。

米山

他にも自然を見ることで、ストレス発散しています。

この景色を見るたびに心が安らいで落ち着いた気分になります。

ちなみに、この景色は我が家から見える米山です。

 

5月病は、医学用語では適応障害とも言います。

長引くと鬱に進行する場合もあります。

なので、みなさんも自分なりのストレス発散法を見つけストレスと上手く付き合って行ってください。

 

もしかして?私にはストレスは無い? そんな事は、ありません。

一応人並と思ってます。

私も楽しく発散していきたいと思う今日この頃なのでした。

 

(株)テック長沢 村山 沙織


eこってニュース バックナンバー
掲載月でさがす
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年