eこってニュース 毎月1日・11日・21日にUP

eこって柏崎メンバーが身近な話題を提供するページです。

ニュースのほか、柏崎の地域情報を随時紹介する「e地域ナビ」もあります。

eこって柏崎@柏崎商工会議所

トップページ
e地域ナビ
サイトマップ
運営規約
リンク
お問い合わせ
プライバシーポリシー

トップページeこってニュースバックナンバーリスト>ニュースバックナンバー2010年2月

小竹食品の「笹ざくら」日本全国桜スイーツめぐりに選ばれました

暖冬かと言われていましたがビックリの大雪で大変でしたね。

春の桜がとっても待ち遠しいです。

桜といえば小竹食品でも桜の葉の塩漬けをあんに練りこんだピンクの笹団子がとっても人気です。

今は、女性だけでなくスイーツ男子と言われるほど甘党の男性も多いんです。

このピンクの笹ざくらがどうして人気になったかをご紹介いたします。

 

笹ざくらは春の桜餅のイメージからか買う側も売る側も春限定商品という固定観念がありました。

そんなある日、笹団子ファンのお得意様から春だけでなく季節を問わず注文できないかとお問い合わせをいただきました。

ところが小竹食品は卸問屋のため商品は200個単位の仕入なのです。

10個欲しいお客様のご注文の後どうしましょう。在庫を抱えるのも大変。

ですが、お客様の立場になったら何とかしたい!

 

おかみさん

何とかしたい!の思いで長年お付き合いいただいている倉幸さんのおかみさんに相談いたしました。無理を承知で…

「いい商品じゃないの。」と一言!すぐ、笹をむいて食べやすいサイズにするとお客様にその場で試食を勧めて下さいました。

おかみさんの機転のおかげで笹ざくらも徐々に評判が広がっていったのです。

クチコミってすごいですね。

 

やがて柏崎FMピッカラ放送の担当者が今評判の笹ざくらを取り上げたいと。

しかし、どこで売っているかは分らない。

柏崎FMピッカラ放送の担当者は長岡に住んで居る為、長岡中探したとか!

そこでネットで調べたところ小竹食品のホームページにたどり着いたのです。

柏崎FMピッカラ放送の企画で小竹食品ホームページを立ち上げた「がんばろねっか母さん」こと小竹佳代子はゲストとして呼んでいただき対談いたしました。 

CARREL

FMピッカラ担当者 ・・・・ 「ピンクで可愛い笹団子ですね!」

                 「何処で売っていますか?」

がんばろねっか母さん ・・ 「柏崎の倉幸さんです。」

なんとま〜!番組途中から倉幸さんでは笹ざくらを求めるお客様で長蛇の列となったそうです。

今では各メディアでも取り上げていただくなどして県内だけでなく東京からもわざわざ買いに来られるお客様もいらっしゃいます。

それが不思議と男性なのです。

 

 

ピンクの可愛い笹団子は幸せ感もたっぷりで結婚式でもオリジナルのラッピングをして新郎・新婦がお客様に一人一人に手渡しされました。

披露宴のご招待客の方々にも、とっても喜んでいただけたとお便りをいただいた時は私達小竹食品スタッフ一同、本当にお手伝いできて良かったと感激いたしました。

 

今では人気となった笹ざくらですがここまで売れるようになったのは地元の商店を支えるおかみさんの機転の良さと底力だと感じました。

倉幸さんのおかみさんは56年間、朝7時から夜10時までご夫婦力を合わせ頑張っていらっしゃいます。

ご出産の時だけお休みされたという働き者のおかみさんは笑顔がとっても素敵でした。会長さんとおかみさんの笑顔はそこだけ春が来たようでした。

倉幸さん

 

(株)小竹食品 古塩 綾子

人口問題 柏崎市の将来を見据えることが重要です。

1.世界経済の発展は継続している

人口推計によれば現在の世界の総人口は約66億人ですが、2050年には総人口が91億人に達します。

中国の人口は平成16年に13億人を突破し経済成長が目覚しい状況です。また、実質GDP成長率は9%です。

ロシアは年間7%、インドも年間7%の経済成長をしています。

東南アジア諸国やインドのなど、今まで発展途上とされていた国の経済発展が著しい状況です。また、人口は増加しています。

 

2.日本経済の減衰と、地域間格差の拡大

柏崎市の人口推移は平成28年に87,000人です。

日本の総人口は約10年単位で1千万人づつ減少し、2050年には1億人を割り9千万人代に突入します。

その後もやはり、約10年単位で1千万人づつ減少します。

約90年後2100年には6,500万人まで減少しますから、現在から見れば人口は半減します。

人口の減少に加え高齢化が一層進行します。

生産年齢人口が増えず、全体的に税収は減少します。

しかし、東京、大阪、名古屋を中心とした大都市志向は著しく、大都市圏域には人口が集中します。

大都市圏では税収も増収が見込まれ、地方都市では北海道夕張市のような財政破綻が相次ぎます。

特異の産業や観光要素のない地方都市は、この構図からは免れず、財政再建団体へ転落の道を歩まざるを得ないのです。

 

3.新潟県柏崎市の現状

平成17年5月1日の市町村合併により、人口28万人の長岡市と人口20万8千人の上越市の大型圏域に挟まれた柏崎市は、産業や観光など独自性を持つ、埋没しない地域づくりが必要不可欠であると考えます。

地域間競争がより一層激しさを増す時代において、魅力あるまちづくりを考える事が重要です。

現状の柏崎市に於ける諸問題を的確に把握すると共に、今後の柏崎市をより効果的な手法で、創造しなければなりません。

また、平成19年7月16日に発生した、新潟県中越沖地震により甚大な被害を受けた柏崎市は、震災からの復興を含めた、新たなまちつくりを構築すべき時です。

 

上記を基本的な理念とし、柏崎の交流・定住人口対策を考える組織として、平成20年度に「柏崎創造会議」を市内若手有志6名で結成しました。

目標は、「10年後まで柏崎市の9万人の人口を維持するとともに、活力ある地域や人の創造を念頭に置き、事業に邁進する。」です。

 

◎柏崎創造会議の活動

平成20年度

地域に眠っている資源の再確認を行いました。

実際に地域に出向き、再発見し交流をきっかけとした取組を検討してきたところです。

 

光のアート 谷根 8月

光のアート 谷根 8月

 

21年度

検討を行ってきた交流プログラムをさらに具体化し、地域住人や関係者と協力体制を構築、一部施行実験を行いたました。

 

平成21年度 交流・定住人口対策 「大人の遠足」 谷根地区モニターツアー(施行実験)

11月7・8日、両日に行われたモニターツアー当日は、心配した天候も、御参画いただいた皆様の精進のおかげで、暖かく、最高の天候でした。

秋晴れの中の紅葉が始まった谷根地区を舞台とした事業では、各所でモニターの方々から熱心な質問や、体験をしていただきました。

 

地域散策

 

谷根地域の方には一方ならぬご支援を戴いたこと、恐縮する次第です。

「谷根の押しずし」の説明のために、説明文章に加え絵まで添えていただいた山崎さんや小俣さん、地域散策から全般にわたりお手伝いいただいた池田寿一さんやもたいさん、交流会では、モニターを暖かく迎えていただきました。

そのほか、コミセンの施設を利用や、くるみロッジ、不動房の使用、農業体験や、慈眼寺の文化財の手配まで、様々な面でご配慮いただきました。

 

農業体験

農業体験

 

土曜日の11時にはじめて会い、分かれる時にはしっかり人の輪ができていることを感じました。

ご好意で戴いた、山芋、柿、きのこ、に加え「いのしし鍋」など、感謝してもしきれませんし、モニターの皆さんもたっぷり楽しんでいただいたことと思います。

柏崎駅にお送りしたところ笑顔で、お帰りいただきました。

 

集合写真

集合写真

 

この事業をきっかけに、柏崎地域外の方が、谷根地区ひいては、柏崎市に関心を持っていただき、柏崎各地域の魅力を感じていただき、好きになっていただくことが大切です。

今回の事業で確実に交流の和ができました。今後は事業の継続が重要です。

私たちの目指すところである、「交流から定住」につながることを考えていきます。

この事業に関して、市民の皆様のご意見や、お知恵をお貸し下さい。

 

品田電業社 品田 史夫

眩しい雪道、冬もサングラスが必要です

暖冬の予想から一変、近年に無い大雪に見舞われた柏崎

白い雪道は、日が照ると前が見えない位に眩しく照り返しを起こします。

この強い照り返しは雪面のコントラストを低下させ路面状態が判りづらくしますし、

眩しい雪道は、真夏の砂浜よりも高い紫外線反射率があります。

反射する紫外線により角膜の表面に細かい傷がつける、いわゆる「雪目」になる恐れもあります。

特に好天時の雪道の運転に、安全のためにもサングラスは必需品と言えます。

 

そこで当サイトでお勧めしたいのが、

ドイツ光学の名門カールツァイスが開発した「スカイレットレンズ」

これを採用したドライビングサングラス 【スカイレット ドライブ】です。

カールツァイス が開発した「スカイレットレンズ」は目に有害な紫外線を100%カットするだけでなく、

「ボヤケ」の原因と言われる 青色光線 を効率よくカットします。

ですから次の様な3つの特徴があるドライビンググラスに最適なレンズと言えるのです。

◎明色効果による明るい視野

眩しい光を抑えながらも、暗くならず明るい視野が得られます。

◎優れた色彩コントラスト

高い色彩コントラスト効果で、路面状況を一目で的確に把握する事ができ、安全な運転をする事が出来ます。

◎ハッキリとした立体的な色覚

何よりもドライブ中の景色の色彩が際立って美しく見えるので、運転する事が楽しくなります。

危険な光は紫外線だけでは無い、青色光線

人の目は、波長が380〜780ナノメーター(nm)の光を可視光線として見る事が出来ます。

可視光線外の紫外線が眼に悪い影響を与える事は、よく知られている事で、「白内障」等の眼疾患の原因の一つと考えられています。

また可視光線の中に含まれる青色光線(380nm〜500nm)も強い光のエネルギーを持ち、近年増加している眼の難病「黄班変性症」等の眼疾患の原因の一つと考えられています。

 

 

 

有害で危険な光を効果的にカットします

近年の環境破壊により「オゾン層」の破壊が進み、有害紫外線(UV-B)が増加すると、白内障などの視力障害が起こりやすくなると言われています。

また可視光線内の強い青色光線は、角膜や水晶体を透過して全て網膜まで到達してしまいます。

カールツァイス スカイレットレンズなら、これら有害で危険な光「紫外線」を100%カット、「青色光線」を効果的にカットして眼を守ることが出来るのです。

 

 

 

眩しい光、有害な紫外線・青色光線をカット、カールツァイスレンズ採用のスカイレット ドライブは「メガネのまつい」だけのオリジナル商品です

http://www.e-glasses.jp/drive-glasses.htm

 

 

メガネのまつい 松井 亮

『今回は為にならない話』どころか国賊のはなし。

拉致を認めた金正日

いつも私の『eこってニュース』は為になる話を書いていましたが、今回は為にならなくて腹の立つ話。

 

さる12月県会(第39号発議案)に於いてわが柏崎市にも関係者が存在し尚且つ、重要案件でもある『全ての拉致被害者の即時帰国要求』や『更なる制裁措置の検討』等の6項目が踏襲され請願されていた。

これらが一日でも早く解決されるのを図ってやまないのは、当市民はおろか日本国中の熱望する所でもあった。

 

先の鳩山総理の所信表明演説を興味深く聴いていたが拉致問題については『考え得るあらゆる方策を用い、一日も早い解決を目指す』と、ただそれだけだった。

情けなや、小学生でももっと具体的提案が出来ようというもの。

拉致を認めた金正日

 

それに10月に発足した拉致対策本部の設置目的は「生存者の即時帰国に向けた施策」、「安否不明者の真相究明」、「拉致問題の機動的な推進」などだと言う。

こんな漠然とした設置目的で納得する国民は何処にいるんだろう?

いやこんな題目で問題が解決出来ると思っている人が居たら手を上げてほしい。

 

11月に来日した「オバマ大統領」も極東諸国の関係正常化については『北朝鮮と近隣諸国との関係正常化は拉致被害者の消息に於いて関係家族の各々が完全な納得できる説明を受けて初めて可能になる。』と講演で述べていた。

然るに鳩山総理は議題にも取り上げなかったと言うし関心も示さなかったと言う。

尤も連立与党の旧社会党の土井たか子は『拉致は無かった』と言い、菅直人は拉致犯人の『辛光洙』の助命嘆願書を韓国政府に送っていた。

 

国連総会の第3委員会でも拉致問題の解決を強く求める人権議案が賛成多数で採決され、各国の国会議員による『北朝鮮難民と人権に関する国際議員連盟』の総会では北朝鮮に拉致被害者の『早期返還を求める共同声明』を採択している。

然るにわが国の鳩山政権が主導的役割で動いているとは寡聞に聞かないし、むしろ後ろ向きに活動をしているとしか思えない。

亡国国営放送もマスゴミも報道はしない。

私は与党でも野党でもなく又右翼でも左翼でも無い。

しがない田舎の一商店主だが、しかし限りなく亡国に向っている我が国の現政権には失望もしているし極東の不安定要素でもある中国の果てしない軍拡にも心底から危惧している毎日を送っている。

 

拉致被害者であった蓮池さんのお父さんとは旧知の間柄であり、曽我ひとみさん問題を抱えている佐渡の高野宏一郎市長とも交流があり時々メールの交換をしいる。

それ故に拉致問題に関しては、私自身どうしても通り過ぎる事の出来ない問題をも孕んでいたし、この件に関して反対する者が居るとは何としても許される問題でもなかった。

願わくは我が柏崎市議会の『拉致問題解決に反対する民主党』が存在しない事を祈り『民意とかけ離れた政治はするな!』と声を大にして忠告したい。

 

奢る平家は久しからず…。盛者必衰の理を表す…。』 曇っていてもお天道様はどこかで見ている。馬鹿な政治をすると必ず天罰が下る…と。

 

                イガイ電機設備    井貝正基 (文責)

 

イガイ電機設備 井貝 正基

手作りビーフハンバーグ

eこってに加入したての神林です。

まだまだHP〜のご注文少なく悪戦苦闘しております。(苦笑い)

当店ではバレンタインが近いので何かないかと考えた末に、牛肉で作りましたビーフハンバーグを販売することになりました!

ハンバーグ

バレンタインハンバーグの意味を込めハート型にしたつもりでしたが、何となく、見てみると、狐の顔のような感じも?

見栄えはパットしませんが、牛肉はもちろんにいがた和牛100%使用です。

考案者、作ったのも実は私です。

お肉自身の味はあっさりしていますが、肉の美味しさはたっぷりと詰め込まれていますよ。

あっさり味にも訳があるのですよ。

なぜならハンバーグにはソースを必ずかけるからです。

肉の味と、ソースの味がマッチして美味しくなるので、お肉はあっさりさせてあるのです。

手作りなので、当然無添加です。

ちなみに2月以降はハート〜普通のハンバーグの形になります。

 

価格ですが店頭販売は1p300円、 ネット販売は2pで800円(箱代込み)です。

食べ方ですが、

真空冷凍なのでお湯の中で温め解凍し、別添えのソースをかけてお召し上がりください。

もしよろしかったら、是非お召し上がりになってご感想を頂けたらと思います!

新商品の紹介になり申し訳ございません。

 

(株)神林精肉店 神林 一吉


eこってニュース バックナンバー
掲載月でさがす
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年