eこってニュース 毎月1日・11日・21日にUP

eこって柏崎メンバーが身近な話題を提供するページです。

ニュースのほか、柏崎の地域情報を随時紹介する「e地域ナビ」もあります。

eこって柏崎@柏崎商工会議所

トップページ
e地域ナビ
サイトマップ
運営規約
リンク
お問い合わせ
プライバシーポリシー

トップページeこってニュースバックナンバーリスト>ニュースバックナンバー2009年11月

事務所と倉庫が松美町に移転しました

2年前の中越沖地震で大きな被害を受けた事務所と倉庫でしたが、9月に新倉庫が完成し、大移動しました。

年々物が増えていき、古い商品は、残念ながら処分とあいなりました。

物だとついつい捨てますが、これがお札だと思うと何とも捨てがたいものです。

意を決して「新陳代謝」いたしました。

(株)三井田金物店新社屋

新倉庫は緑と白の外壁に赤いトンボのロゴマークが付いています。

 

それでは、トンボのマークについてお話したいと思います。

トンボは、「一本の棒」 「2個の点」「無限の印」から成り立ち、

一本の棒は、商人が肩に担いで物を運んだ天秤棒を表し、

2個の点は、明けの星 宵の星を表し、

無限の印は、商売の長続きを表しています。

シッポが三つに刻まれているのは、売り手よし、買い手よし、世間よし、という「三方よし」の教えを表し、この教えは、人間はなぜ働くかの問いに対して、働く目的として、個人生活の充足(売り手よし)と社会貢献(買い手よし、世間よし)をも語っています。

 

まとめますと、

朝は、星のあるうちから、夜は、星の出るまでよく働き、

商品を買った人が「よい買物をした」と

思ってくれる商売を続ければ、延々と長続きするということです。

柏崎第九演奏会

10月17日に行われた震災復興記念のべートンベン第九コンサートで合唱団に参加しました。

「艱難を乗り越えて歓喜の世界へ」は、将に自分の事のように感じた次第です。

新しい住所は、柏崎市松美2-5-5

近くに ラーメン店 薬局があります。

どうぞお立ち寄りください。

 

(株)三井田金物店 三井田 幸一

温泉が恋しくなる季節です

柏崎も紅葉のある風景が見られるようになってきました。

私はホームページを制作するのが本業なのですが、仕事と時間に追われる生活を繰り返していると、現状をリセットしたい衝動に駆られます。

そのリセット方法とは時間を忘れて温泉に浸ることなんです(笑)

温泉めぐり

10代の頃に温泉好きを自覚してから早や20年、入った温泉の数は400箇所くらいでしょうか。

1日で18箇所をハシゴしたこともありました。

そんな私ですから、やはり温泉をもっと学びたい・極めたいと思い立ち、温泉ソムリエの資格を取得しました。

そこで学んだ中からひとつご紹介。

旅館で宿泊する時、仲居さんにお部屋を案内された後、お茶を淹れてくれますよね。

また、テーブルにはお茶菓子が置いてあったりしますよね。

出されれば、自然と手がお茶やお茶菓子にいくと思いますが、実はコレ理にかなっています。

温泉とお茶お菓子

なんと入浴の準備になってしまうんです。

入浴による消費カロリーはジョギングした時の消費量に匹敵しますので、お茶菓子程度のものなら適度なエネルギー補給となり、立ちくらみも防ぎやすくしてくれます。

お茶は入浴前の水分補給になります。入浴するとだいたい、300〜500mlの汗をかくと言われています。

また、お茶は適度な熱さを持っているので、体内から「かけ湯」をするような感覚です。

お茶を頂きながら楽しく会話するのは、実は入浴前の準備体操と適度な休憩になっている、という訳ですね。

書き始めたら、無性に温泉に入りたくなりましたので、これにて失礼(^^)

皆さまも時間の許す限り、温泉ライフを楽しんでください!

 

フロンティア 品田 宏樹

10年後の楽しみ

みなさん、『ラグビー』というスポーツをご存知ですか?

柏崎では学校で部がなく馴染みがない方が多いことと思いますが、楕円のボールを後にしかパスをしてはいけないというスポーツであることくらいは知っている人は多いかと思います。

日本では、野球・サッカーに比べれば競技人口は少ないですが、ヨーロッパ、南半球ではサッカーと人気を二分するスポーツなのです。

ラグビーW杯

オリンピック、サッカーW杯に次ぐ大きなイベントとしてラグビーW杯も開催されていますが、さる7月28日ついに2019年に第9回W杯の日本開催が決定しました。

ラグビーとの出逢いは、かれこれ約25年前になります。

その頃私ははご他聞に漏れずスポーツといえば見るもやるも野球≠セろうという感覚でした。

そんな時、ある友達から正月にある大学ラグビーが面白いと紹介されて何気なく見た早慶戦や早明戦で試合前から目を赤く晴らし高揚しひたむきにプレーをしている姿に引き付けれるものがありました。

実際にプレーをする機会には恵まれませんでしたが、見るだけでも熱い感動がありラグビーにのめり込んでいきました。

ラグビーの魅力とは走る(陸上)、投げる(野球)、蹴る(サッカー)、当たる(アメフト)、飛ぶ(バレーボール)等、スポーツにおける全ての「動作」を必要とし、15人でプレーしますが体が小さくても背が大きくても、そして体重がある人など全ての体型の人間にも鍛えることでプレーできるスポーツであることでしょう。

大男の鋼のように鍛えた肉体がぶつかり合うフォワードの肉弾戦。

体が小さくても俊敏性に溢れパスやキックでゲームメイクをし時には2mの大男をも捨て身のタックルで仰向けにするスタンドオフ。

ラグビー

スクラムハーフ、バックスのスピードと華麗なステップに驚嘆などプレーの魅力を言い出したらきりがありません。

そして、ラグビーとは人間形成でも大切なものを持ってます。

有名な言葉として「One For All、All For One」があります。

「1人はみんなのために、みんなは1人のために」という意味です。

一人ではなくみんなで思いを一つにしてボールをつなぎゴールを目指す、なんて素敵な言葉なんでしょう。

また、ラグビーの場合、試合終了を「ゲームセット」や「エンドゲーム」等といわず、「ノーサイド」というラグビーだけが持つ、素晴らしい言葉があります。

試合終了のホイッスルが鳴れば、それまで戦った敵も味方もなく、ラグビーを愛する者同士がお互いの健闘を称えあうこと。

競争社会と呼ばれる現代で忘れられがちな「互いを尊重し、相手に敬意を払い、思いやる心」を、ラグビーは教えてくれます。

そういった、他のスポーツでは垣間見る事ができない「精神」があるのも、ラグビーの魅力です。

ラグビー

もう言い出したらキリがありません、皆さんも時間がありましたらプレーだけでなくそういった精神面のところも着目して見てください。

残念ながら、日本の実力は世界から見ればまだ弱いですがあと10年後に日本がどれだけ世界に近づけているか、そして10年後世界最高のレベルの試合が直に見れるかと思うと胸が高ぶります。

10年後、威風堂々と大手を振っていけるように日々頑張らねばと思う今日この頃です。

 

三清酒店 三井田 則雄


eこってニュース バックナンバー
掲載月でさがす
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年