eこってニュース バックナンバー2007年6月

eこって柏崎メンバーが身近な話題を提供するページです。

ニュースのほか、柏崎の地域情報を随時紹介する「e地域ナビ」もあります。

eこって柏崎@柏崎商工会議所

トップページ
e地域ナビ
サイトマップ
運営規約
リンク
お問い合わせ
プライバシーポリシー

トップページeこってニュースバックナンバーリスト>ニュースバックナンバー2007年6月

ザリガニのおはなし

eこってニュース初登場、八幡開発の飯塚政雄と申します。よろしくお願いします。

黄金ザリガニ

さて、6月17日の日曜日、柏崎インサツの大介さん、当社嶋岡さん家の龍吾(りゅうご)くん(小2)、わたしの3人で朝の6時に集合して、西山へメダカを採りに行ってきました。

出発して約30分、現地に到着。早速、網を持って池のほとりへ。が、ありゃ、池の上に油が浮いていて、どうも雲行きが怪しい感じです。

とりあえず、何度か網を入れて探ってみましたが、やはりメダカは採れませんでした。

去年大介さんが来たときには、無数のメダカがいた、とのことなので、どこから流れ込んだのかわかりませんが、この油の影響でメダカがいなくなったとしたら寂しいことです。

この後、場所を移動しザリガニ釣りに変更。このザリガニ釣りが思いのほか絶好調で、大物が次から次へと釣れ上がり、龍吾君も大喜びでした。よかった、よかった。

黄金ザリガニのえさ

さてさて、ザリガニつながりの話です。当社では半年ほど前から『黄金のザリガニ』なるものを飼っております。

当初8匹いたのですが、共食いしてしまい、現在7匹を飼育中です。

エサも、体の金色を保つべく、"黄金のザリガニフード"という専用のエサを与えております。

見てのとおり、まさに専用の、そのまんまの名前です。写真の『黄金のザリガニ』はやや黒ずんでいますが、脱皮をするときれいな黄金色になります。

そして、徐々に黒ずんでいき、また脱皮、この半年間はこんなサイクルを繰り返しています。

ま、今後も元気に育ってほしいと思っています。

そんなこんなで、よくわからない話になってしましましたが、この辺で終わらせていただきます。

ほな、さいなら。

八幡開発(株) 飯塚 政雄

インターネット会社見学 「鉄を削る!!」

突然ですが、鉄工所ってどんなところかご存知ですか?

普段、一般の方が立ち入ることはないところですから、ご存知の方は少ないかもしれません。

大辞林では「鉄の機械や器具を作る工場。」となっていますが、さて、どうやって作っているのでしょう。

ということで、今回は、鉄工所である株式会社テック長沢の内部をご覧いただきましょう。

まず、当社では、主に自動車部品と建設機械部品の量産品と、生産設備などの部品を1個から加工しています。

旋盤加工

加工と言っても、鉄を加工する方法はたくさんあります。

叩いてつぶす(鍛造)、溶かして固める(鋳造)、切る、曲げる、溶接する、削る、磨く、熱をかけて硬くする(熱処理)、メッキをする、組み立てる等々。

その中で、当社では、削る、磨くというところを担当しています。

まずは鉄を削ることにスポットを当てて見ましょう。

実は、鉄を削る方法は、基本的には、2通りしかありません。

写真@は、鉄を回して刃物を近づけて削る機械です。

フライス加工

これは旋盤といいます。

写真中央の主軸に削りたい材料を取り付けて回転させ、手前の刃物台に刃物を取り付け、刃物台を動かして、削りたい形に仕上げます。

写真Aは、鉄を固定して刃物を回して削る機械です。

これはフライス盤といいます。

写真上部の刃物が回転し、鉄を固定してテーブルを動かして、削りたい形に仕上げます。

NC旋盤

それぞれは、人の手で動かして寸法を決めるため、熟練が必要となり、一人前の職人さんになるには、何十年という年月が必要になります。

さらに、旋盤の動きを数値制御させて、コンピューターのプログラムによって動く旋盤がNC旋盤(写真B)。

フライス盤の動きを数値制御させているものが、NCフライス盤。

NCフライス盤をさらに刃物交換を自動で出来るようにしたものがマシニングセンター(写真C)となります。

マシニングセンター

コンピューターが付いているものは、ボタン一つで繰り返し同じ動きをしてくれますので、多くの製品を短時間に削ることができます。

しかし、同じ動きをしても、同じ製品ができないときがあるのです。なぜでしょうか?

それは、鉄を削っている刃物が摩耗してしまうことと、熱変位があるからです。

鉄を削る刃物ですから、鉄より硬くないといけません。

それでも繰り返し削っていると摩耗します。

スロアウェーチップ

最近は、摩耗したら鉄を直接削る部分のみ取り替えるスローアウェーチップ(写真D)を使うことが多くなっています。

このチップが摩耗すると、寸法が変わったり、肌が悪くなったりしますので、そうなる前に取り替えなければいけません。

もう一つの原因は熱変位です。

機械が動くために、内部に多くの摺動面とモーターが付いており、それが熱源となって、機械を構成する金属そのものが膨張してしまうのです。

そのため、機械のコンピューターはいつもと同じように動いているつもりでも、実際の刃先は違うところに行ってしまうことがあります。これは刻一刻と変化していきます。

こういった変化を知り、事前に対処することこそ、ものづくりの技術力の一つになるのです。

次回、鉄を削る現場についてと、削る以外の加工方法(放電加工、研削加工)についてご紹介したいと思います。

(株)テック長沢 長沢 智信

プリンタ・・・RGBじゃなくてCMY

天気が良く、気持ちの良い日が多い、春後半の今の時期が私は一番好きです。

さて、デジタルカメラで撮った写真をプリンタで印刷する際、思っていた色を再現するために、いろいろと苦心されたことのある方も多数いらっしゃることと存じます。

プリンタのトナー、インクのC、M、Y

実際、プリンタはたった3色(再現性を高めるために黒を加えて4色)でどうやってフルカラーを表現しているのでしょうか。

光の三原色R、G、Bはよく御存知ですね。でも、プリンタのトナー、インクのC、M、Yはちょっと不思議な感じがしませんか。

プリンタでカラー印刷する場合を考えると、紙にトナーやインクをのせ、紙に当たる白色光(太陽光)の中から、特定の色成分の光を吸収させ、白色光の残りの色成分を反射させることで色を表しています。

そのため、光の三原色を吸収する色材が必要になります。

白色光のレッド(R)成分だけを吸収する色材・・・・・シアン(C)

グリーン(G)成分だけを吸収する色材・・・・マゼンタ(M)

ブルー(B)成分だけを吸収する色材・・・・イエロー(Y)

青海川のSL

このC、M、Yを色材の三原色と呼びます。

光の三原色と色材の三原色はそれぞれ補色の関係にあります。補色とは、ある色をしばらく見つめた後、白い紙に目を移動させた場合に残像として現れる色といえば、みなさんご経験がおありですよね。

プリンタはトナーやインクの濃度を調節し、混合して光の反射、吸収を変化させて色を表現しています。

色材の三原色で光の三原色を表現する場合は補色以外の色材を混ぜ合わせます。

たとえば、レッドをだすには、補色のシアン以外のマゼンタとイエローを混ぜ合わせます。

C、M、Yの3色を混ぜると理論上は黒になるはずですが、実際には、そうやって黒を作ると微妙なにごった色合いになるのと、黒を3色で作るよりも1色でだすほうが、合理的なので、ほとんどのプリンタが別に黒のトナー、インクを積んでいます。

ほんの小さな出来事でも写真にのこっていると情景が、とってもリアルに思い出せるもの。どんどん写真を撮ってどんどんプリントしましょう。

(株)高忠商店 高橋 信行

eこってニュース バックナンバー
掲載月でさがす
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年