eこってニュース バックナンバー2007年1月

eこって柏崎メンバーが身近な話題を提供するページです。

ニュースのほか、柏崎の地域情報を随時紹介する「e地域ナビ」もあります。

eこって柏崎@柏崎商工会議所

トップページ
e地域ナビ
サイトマップ
運営規約
リンク
お問い合わせ
プライバシーポリシー

トップページeこってニュースバックナンバーリスト>ニュースバックナンバー2007年1月

今回は為になるお話

『eこってニュース』の当番はいつも正月に当たっていて、お屠蘇気分で適当に書いていましたが、今回は真面目にためになるお話をしましょう。

テレビの生活が変わります昨今『地上デジタル放送』の話で話題をにぎわしていますが、受信に対して疑問や不安に駆られている方も多い事かと思います。

ごく簡単に特徴をお知らせしますが、詳しくは当店のホームページのデジタル放送を覗いて見て下さい。

今までのBSハイビジョン放送(BS9ch)は今年の秋に停波し、映らなくなります。

その他の一般のテレビ放送は2011年7月で終了し、以後はデジタル放送に切り替わります。

変更後はどんなメリットがあるのでしょうか。

【地上デジタル放送】

デジタル放送は、衛星と地上の2つの方式から出ていますので、今迄の放送は区別する為に『地上デジタル』と呼んでいます。

従来の放送との違いは何でしょうか?

従来のテレビでは一枚の画面は525本の横線で構成されていましたが、デジタルテレビでは1125本も使用していますので、よりキメ細かでリアルな映像が楽しめます。

例えば、今迄の放送で1枚の画面を送っている間に、デジタルでは700枚の画面を送る事が出来ますのでその違いがお分かりでしょう。

そして一つのチャンネルの中に、三つの番組を同時に送る事も出来ます。

他にまだまだの特徴が有りますので、簡単に揚げて見ましょう。

■:データー放送

映像のほかに地域情報、ニュース、天気予報や株式情報なども常時送られています。誰でもいつでも欲しい情報をリモコン一つで自由に取り出す事が出来ます。

■:高音質

CD盤クラスのデジタル音声ですので、高音質な雑音のない音声が再生されます。

又、5.1chサラウンド放送では、前後左右の5方向から音声が出ますので、その場にいるような臨場感が楽しめます。

■:双方向サービス

受信機側からも信号を送れますので、クイズ番組に参加したり、通信販売で購入したり、アンケートに参加したりする事も出来ます。

■:字幕放送

ハイビジョン放送では、映画やニュース番組の字幕をリモコンひとつで表示出来ますので、高齢者や障害者にやさしいサービスがあります。

■:番組ガイド

一週間先の番組まで送信されていますので、自分の好みに合った番組を簡単に検索でき、又ボタンひとつで簡単に録画予約出来ます。

【BSデジタル放送】

BSとは「Broadcasting Satellite」(放送衛星)の略で、直接家庭で放送を受信する事を目的として上げられた衛星です。

赤道洋上で静止しており、わが国では午後2時の太陽の位置の付近に衛星がありますのでアンテナは南向きになります。

高度約36,000kmにあり、その電波は非常に微弱ですので、受信には丸い大きなお椀型のアンテナを使用します。

■:BSデジタル放送は8つのテレビ放送と16のデーター放送、11のラジオ放送が運用されており、ほとんどが無料です。

又、その高音質なラジオ放送を聴取し、リスニングを楽しんでいる音楽ファンも少なくありません。

電気のことならイガイ電機へ【CSデジタル放送】

すでに薄型TVを購入された方は御存知でしょうが、リモコンにBSと地上デジタルのほかに「CS」のボタンが有るのをご承知の事と思います。

BSデジタルと同じ東経110°の位置にある「通信衛星」を利用している放送で、BSと同じ位置にありますので、BSデジタル用のアンテナを設置すれば一緒に受信する事が出来ます。

現在(株)スカイパーフェクトコミニュケーションズが「スカパー110」と言うサービスを行っていて、東経124°にある「JCSAT-4」の衛星との、二つの通信衛星を利用して送信しています

■:CSの特徴@

15のジャンルの内にTV190チャンネル、ラジオ101チャンネルもあり、しかも時間帯別に同じ番組が繰り返し再放送されていますので、「見逃してしまった…」ということなく何度でも追っかけ視聴出来ます。

■:CSの特徴A

専門チャンネル毎に一日中放送しているので、好きな時間に好きなジャンルの番組が楽しめます。

■:CSの特徴B

EPG番組表、高音質、高画質、ワイド画面、データー放送など。パソコン並みの性能がありながら、リモコンひとつで操作できる魅力は、テレビ生活が一変する事でしょう。

従ってこれから薄型テレビを購入されますと、綺麗な画面ばかりでなく、

『BS』『CS』『地上デジタル』の放送を全部見れるだけでなく、合わせて999チャンネルをも楽しむ事が出来るのです。

少しは参考になりましたでしょうか?

あと4年もあるとノンビリしたって得になる事は少しもありません。

一日早ければ一日早く新しい情報が手に入り、人より先んじた生活を送る事が出来ます。

百聞は一見にしかず、お近くの電気店で本物の画像を体験してみて下さい。

イガイ電機設備 井貝 正基

デジイチに魅せられて

二年ぶり二回目の登場。綾子舞本舗タカハシの高橋です。

デジイチつい先日「明けましておめでとう!」と言っていたばかりなのに、今月も10日が過ぎている・・・月日の経過の早さに、戸惑うのは私だけ!?

さて、皆さんはきっとたくさんの趣味を持っていらっしゃる事と思いますが、私にも数年前から好きな事があります。

それは【写真】。

子供が生まれたときに子供の成長を記憶に残したい。と思い一眼レフカメラを購入しました。普通のカメラでは物足りなく、当時では結構なお値段だった一眼レフを真っ先に手にしました。

そのうちに望遠レンズも欲しくなり、旦那にナイショで購入。当時はフイルムですので、カメラ屋さんに何度通った事でしょうか(笑)

お陰で子供のアルバムは数十冊、本棚にぎっしりと並んでいます。

その子供たちも今では中学生。

カメラを向けると嫌な顔をしますが、当時はにっこり微笑みポーズ!そんな写真を暮れの大掃除の際に久しぶりに見入ってしまいました。

とてもとても懐かしく思えました。

日本海の夕日で市展入選そして時代は移り変わり、デジタル化はスチールカメラにもやってきました。

私は迷わず、デジタル一眼レフに乗り換え、それからデジイチの世界に大いに魅せられてきました。

と言っても被写体は変わらず子供・・・大きくなった子供たちは野球をしています。

そんな野球姿を記憶と記録に残したく、数え切れないほどの写真のデータを残して今やブログやホームページの作成にも取り組んでいます。

最近ではデジイチの仲間ができ、彼らの素晴らしい写真と技術にはとても興味が湧きました。

私にもきっと上手く撮れる!と被写体を子供から風景に変え、思うままにシャッターを押しました。

気が付けば、車の中にはいつもデジイチが同乗!そんな甲斐あって、昨年は柏崎が誇れる日本海の夕日を収めた写真が市展で入選する事が出来ました。

冬ソナの舞台へ

夕日を背景にブラインド(陰)になったカヌーを持つカップルが写り込んだ映画のワンシーンのような被写体の一瞬を逃さなかったセンスは、偶然といいながらも「私って才能あるかも!」と思わず自分自身に感動してしまいました(笑)

民放テレビでは6日から「冬のソナタ」が放映されています。

私は「馬鹿」が付くくらいヨン様ファンですが、このドラマは景色も綺麗で見応えがあります。

昨年の春、このドラマの舞台ナムソムに行ってきました。もちろんデジイチで素晴らしい景色をたくさん撮影〜今でも忘れられない大事な写真となりました。

デジイチ写真は趣味だけのものでもありません。勿論仕事でも大いに発揮しています。

HP作りにもデジイチは欠かせない大切な私の「仲間」です。

今年もステキな写真が撮れるよう日々努力!頑張ります。

酒造りの神様 お札ととおしゃもじのお話

平成19年1月1日。ニュースをご覧になっている皆様、eこって会員の皆様、新年、明けましておめでとうございます。

年の始めに晴れのeこってニューストップバッターを担うことができ、大変うれしく思っています。

この記事がアップされるのが1月1日ということは、どう考えても去年の年末の年も押し迫った頃に書いている事は想像できると思います。

当蔵の神棚確か2、3年前にもこんな経験をしたような、本当についているなぁ?

そんな状況の中、頭の思考回路がほぼ満タン状態でのご指名だったので、びっくりするやら、原稿〆切まで時間があまりないのにどうしたら良いのか戸惑うやらで、困っていたのが本音でしたが・・・

いろいろ考え、結論としてでたのは、自分のところは酒造りに携わっている会社だし、年の初め、お正月にやはり縁起の良い事を紹介しようと思い、今回は酒造りの神様のお札とおしゃもじを紹介します。

松尾大神は京都の松尾大社(聞いた事あるかもしれませんが)という神社に祭られている酒造りの神様と言われており、全国の酒造会社では広く知られている有名な神社であり、神様です。

毎年、酒造りが始まる頃、ここも新潟の中で酒造りの神様が奉られている白山神社を介してりっぱな御札とおしゃもじが送られてきます。

お札は皆さんが初詣などでお買い求めになられるものと同様だとおもいますが、なんと言ってもユニークなのがおしゃもじでしょう。

松尾大社のお札とおしゃもじ酒造りといえば、気候、水、そしてなんと言っても米がつきものです。

その米を、昔、機械の無い頃には、今でいう大きなおひつのふたを取ったもののようなものに、米を大きなしゃもじのようなものを使って盛ってふかしていました。

そのなごりを引いている物として送られてくるものと思われます。

やはりお米は重要なものですから、それを盛る重要な道具ですので神様同様、崇め奉られているものだと思います。

(蔵の中で写真鮮明でなくすいません)

当社も去年の終わり頃から新しい酒造に取り組んでおりますが、当然大切に毎日お参りし、良い日本酒ができますようにと祈願しております。

原酒阿部今年は日本酒メーカー、ひいては当社にも追い風が吹いてくるようにと新たな気持ちで新年を迎えがんばりたいと思っています。

幸いにも去年の終わり頃から「eこって」がとりもってくれたおかげで、発売するに至った「原酒・阿部」が一年経っても、今まで以上のお問い合わせや引き合いを頂いており大変うれしく思っている事を付け加えさせて頂きます。

堅苦しい話が続いてしまいましたが、初詣に行かれた方も、これから行かれる方も、『一年の計は元旦にあり』。それぞれみなさん、「eこって」メンバーが新たな気持ちで出発され、今年一年が良い年であります様お祈り申し上げます。

また、箱根駅伝の時期が来ました、これが来ないとやはり正月が始まらない!

今年も楽しみです。

母校日大よ、頼むぞ・・・今年こそ総合優勝だ!

阿部酒造株 阿部 庄一

eこってニュース バックナンバー
掲載月でさがす
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年