eこってニュース バックナンバー2005年12月

eこって柏崎メンバーが身近な話題を提供するページです。

ニュースのほか、柏崎の地域情報を随時紹介する「e地域ナビ」もあります。

eこって柏崎@柏崎商工会議所

トップページ
e地域ナビ
サイトマップ
運営規約
リンク
お問い合わせ
プライバシーポリシー

トップページeこってニュースバックナンバーリスト>ニュースバックナンバー2005年12月

谷根川の鮭は8尾から始まった

2005年も残すところあとわずかになってしまいました。

そしていつの間にかeこってニュースの順番も回って来ましたね、それも紅白ならぬなんと酉年のトリをつとめることにもなってとても光栄なことです。

最後を締めくくるにふさわしいネタはないかと、悩んでいたところ、先日なにげに見ていた番組「学校へ行こう!」、内容はニッポン学生ふれあいの旅・信越マル秘スポットというもの。

その中にあったのが「柏崎の鮭」

それは先週の回からの続きとして始まりました。

人気グループV6が柏崎市内と思われる宿泊先で新潟の地酒をごちそうになりみんなが大満足。

翌朝車で出発し、見たことのある風景を走っていたかと思うと車窓には海が写し出され(薬師堂あたりだな)

当社の看板しばらく走り頭上に米山大橋、

その時「OH!鮭の看板(当店製作)が写った」とひとり興奮。

V6の面々は必死に遡上しているサケ達を見て興奮!

ここは今では柏崎の名所にもなった「さけ・ます増殖センター」。

サケの遡上の真っ最中!、この季節ならではの話題ですね。

よし!それに絡めて今回のニュースは「谷根川の鮭」ということに。

12月10日現在のサケ親魚捕獲数6159尾(昨年の5827尾を早くも上回る)。

そもそも昭和51年の冬、これまで谷根川はなにも利用されていない川だったのが、サケが8尾迷いこんで来たのが養殖の始まりだったということです。

谷根川河口地元の人たちはこれを機になんとか養殖ができないものかと、その迷いサケの卵をふ化させ翌年放流させたところ数年後にサケが帰ってくることがわかり本格的な養殖が開始されたということです。

近年は毎年130万尾の稚魚を放流していて親魚の昨年度回帰率は0.3パーセントの5827尾。

毎年、戻って来ている親サケは3〜4年前に放流した稚魚であり、つまり毎年の地道な継続が必要ということです。

大海原(ネットの世界)からこの狭い河口(HPサイト)にたくさんのサケ(アクセス)を呼び込むためには、毎年多くの稚魚の放流(仕掛け・作業)が必要なのですね。

さらに遡上(販売実績)という試練も待ち構えています。

来年も故郷の川(eこって柏崎)にどんどん来てくれますように、そして来年はイヌ年、サイトナンバーワン!を目指しましょう!

皆様良いお年を。

もたい看板店 罍 貴秀

クリスマスケーキのおはなし

最上屋のケーキeこって柏崎開設2周年記念「2005ポ−タルサイトサミットin新潟」の開催お疲れ様でした。

とうとう私に順番が回って来ました。あわてて過去のニュースをみてびっくり!すべてに写真が貼り付けてあるではありませんか。

特に皆様に紹介したいような体験もなく、写真撮影の趣味もありませんから、今、文章 写真をどうするか胃の痛い思いで悩んでいます。

とうとう会田さんから今日中に記事と写真を提出するように連絡がきました。覚悟を決めて文章を書きます。クリスマスです

もうすぐクリスマスですね。私の会社は和洋菓子の製造販売業なので少しクリスマスにちなんだことを書きたいと思います。

日本でクリスマスケーキを初めて発売したのは、どこのメーカーかご存知でしょうか?

ペコちゃんでおなじみの不二家さんが、明治43年に初めて発売したそうです。そのときのケーキは、プラムケーキを砂糖衣で飾り、銀玉をつけたシンプルなものだったそうです。

そして現在のデコレーションケーキが普及したのが、砂糖や小麦粉の統制解除となった昭和25年~26年頃からだそうです。(不二家ホームページより)

クリスマス当社でも昔ながらのデコレーションケーキ(生クリーム、バタークリーム)最近では生チョコのデコレーションケーキ、チーズケーキ、ミルフィーユ、モンブランのクリスマスケーキなど色々な種類のものを作っています。

ケーキの製造部門が1年で一番忙しい時で、社員総出でまるでお祭り騒ぎのようになりますが、たぶんこれが無いと、とても寂しいのかなと思っています。

ちなみに私は、バタークリームのクリスマスケーキが好きで、少しずつお正月くらいまで楽しんでいます。

今年は23日〜25日の3連休になります。

皆様におかれましては、ハッピーな2005年のクリスマスをおすごし下さいますようお祈り申し上げます。

(株)最上屋 吉田 勝彦

2005ポータルサイトサミットinにいがた 開催しました

風林火山ビジネスネット・上野運営委員長「eこって柏崎」の開設2周年を記念して「2005ポータルサイトサミットinにいがた」を11月28日、柏崎市鯨波のメトロポリタン松島で開催しました。

今回のサミットでは県内をはじめ神奈川、山梨、静岡、岡山、宮崎など全国から約110名を集めパネルディスカッションやビジネス交流会を行いました。

パネラーに加藤忠弘先生、

サミット風景パネラーには風林火山ビジネスネット運営委員長の(株)上野電子・上野社長、

兄弟サイト岡山の吉備きびスクエア事務局で茶屋町商工会の原地経営指導員をお招きし、

当サイトから野俣会長、製造業を代表して長沢智信、商業代表で小竹佳代子を加え

「地域ポータルサイト・進化への挑戦〜競争し協調する実践型Webビジネスをめざして〜」をテーマにパネルディスカッションを展開しました。

加藤先生からは他の参加サイトや企業からの事例紹介も引き出していただき、活発な議論が行われました。

あら!い〜ねっとのみなさまさらに柏崎のメンバーには加藤先生からの愛の苦言が呈され、今後の努力を誓いあいました。

全国各地から元気をもらうことができ、IT活用への努力と活動の活性化のきっかけとなりうる有意義な会でした。

パネルディスカッションの最後にサミット共同宣言を行い、努力と相互の連携を誓いました。

商売繁盛事務局・稲盛氏交流会ではeこって生まれのお酒「原酒・阿部」で乾杯後、各参加サイトのPRや名刺交換、情報交換がこちらも活発におこなわれ、地域を越えた交流や連携のきっかけになりました。

遠路お越しいただいた大勢の参加者のみなさん、大変ありがとうございました。

なお、次回は来年10月ころ風林火山主催で山梨で開催するとの、上野社長からの宣言もありました。また来年、山梨で会いましょう。

サミット特別号 (今回予定していた吉田勝彦は次号になります)

eこってニュース バックナンバー
掲載月でさがす
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年