eこってニュース バックナンバー2004年11月

eこって柏崎メンバーが身近な話題を提供するページです。

ニュースのほか、柏崎の地域情報を随時紹介する「e地域ナビ」もあります。

eこって柏崎@柏崎商工会議所

トップページ
e地域ナビ
サイトマップ
運営規約
リンク
お問い合わせ
プライバシーポリシー

トップページeこってニュースバックナンバーリスト > ニュースバックナンバー2004年11月

小さなKoreaレポート

私は昨年5月と今年11月と2回韓国に行きました。

昨年は知り合いの特許関係者(日本では弁理士?)季さんの紹介で、IT環境の現状視察と当社の開発したガラスの売り込みが目的でした。

韓国・豆もやし農家にて家庭に光の10メガ線が入っている話は皆さんも知っていると思いますが、ITで伸びているアパレルメーカーと楽天のような仮装モールを運営している会社を訪問し、確かに進んでいると感じる点はありました。

アパレルメーカー自体も中小企業ですが、そこがさらに小規模な下着などの小メーカーと沢山連携し、日本でいう宅配便の営業所の隣に工場を構えて毎日ネットで注文された商品を発送していました。

進んでいると思った点は、以前は自社ブランド、自社ショップとしての売り上げを同業者と争ってものが、この数年で多くの会社が伸びては淘汰され、現在の主流は大手デパートのHPと連携していることです。

ユーザーは大手デパートの下着部門と思っているページが実はそのアパレルのページで、大手の弱い部分と中小の弱い部分をお互いに助け合っているのだそうです。

当社のガラス製品・アロマポット大手デパートHP経由で商品が売れると、大手とアパレルのサーバ同士が繋がっていて(これをサーバtoサーバというらしい)代金の10%は大手の売り上げとして後日精算される仕組みとのこと。

日本も同じことが起きるかは判りませんが勉強になりました。

モールの方は平均年齢の若い女子社員が独自の感性で厳選したグッズが、韓国の女性に大うけして儲かっているという感じでした。

さて当社のガラスの売り込みは、韓国大手のクリスタルガラスメーカーに対しプレゼンしたものの、重量単価が高いためその時は取引には至りませんせした。

しかし今年に入って7月位からこのガラスに興味があると同社からメールが相次ぎ、今年2度目の韓国訪問となりました。

同社は現在日本での韓流ブームにのり、ヨン様やチェジウのドラマのライセンスを獲得し、そのイヤリングや携帯ストラップをその名もずばり「HanryuSter」というブランドを興して販売しています。

内心この商品を当社でも売ってほしいという話かな〜と思って再会してみると、どうも本気で当社のガラスを使って年間50〜100万個商品を作るアイデアと自信があるという話で驚きました。

ただし日本国内での特許取得が前提で、出願からこの12月でちょうど2年になるので審査請求の結果が待ち遠しい昨今です。

洗浄機から上がってくる豆もやし今年の訪問のもう一つの目的は、当社のメイン商品である整水器の輸出に関してでした。今回はソウル近郊だけで500カ所あるといわれる豆もやし農家の水改良が主目的で農家を1軒視察しました。

その後の話で発注数は段々減ったものの今月5日にHSコードを取り、当社初の30台の輸出を果たしました。

これは第一歩ですが、次は中国のマンションにこの整水器を付けたいとのこと。

驚くことに中国都市部では5千〜7千万クラスのマンションや一戸建てが飛ぶように売れているといいます。

今までは中国の安い生産力で作ったものをデフレの日本で売るというイメージでしたが、中国の金持ちが使う商品は高くても日本製が大事だというのだそうです。

こういう逆の取引が今後発生していくとしたら複雑な心境の反面、すごく期待をしています。

当社の磁気整水器、ガラス製品の詳しいことは当社HPでご覧ください。

(有)アークテック 小林 勇

日常から非日常、そして再び日常

東京の風景夏の終わりごろプライベートで、東京の方へ行ってきました。

住み慣れた柏崎を離れ、たった一泊でも東京で宿泊して感じたことがタイトルです。

私にとっての日常とは柏崎で、朝起きる−>会社に行く−>家に帰る−>寝るといった感じになるのです。

東京に、その目的は何であれ一時的にでもそこで過ごすということは非日常でした。

とにかく何もかも見慣れない風景、トイレに行こうにも探さなければならない、移動は全て電車か徒歩、運動不足の私には良い運動になるどころかヘトヘトになってしまい、喫煙者の私にとって何より一番辛かったのはタバコを吸えるところが非常に少ないことでした。

東京に一泊して柏崎に戻りました。柏崎駅に降り立った時、ホッとしました。

会社から見る米山大橋 地震の被害はありません

全てが見慣れた風景、どこに行けば何があるか知っている場所、自分が思ったとおりに行動できる状況。

東京在住の友人に、ここに住んで働く気はあるかと聞かれたとき私はそのつもりはないと答えました。

変わることを拒んでいると思われても、私にとっての日常は柏崎にあります。

非日常を日常に変えることはできると思いますが、それなりの苦痛が伴うはずです。

新潟県中越地震によって突然、非日常へと放り出された人たちは大勢います。

その方たちの一日も早い日常への復帰を心から祈っております。

米山観光(株) 阿部 秀紀

三年目の柏崎

私事ですが、柏崎に嫁いでから10月末で3年になりました。

月日の速さを感じると同時に、柏崎のことが少しずつ見えてきたように思います。

紳士服 ヌノカワ私は上越市出身ですが、実は嫁ぐまでは柏崎のことを何も知らなかったのです。

実際は近い街でしたし、新潟・長岡に行く時は通り道でした。しかし通り道は8号線で、実はそのまわりが柏崎市街だと思っていたのです!

柏崎に来てから、本当の市街地である市役所の位置や、わが店「洋服のヌノカワ」のある本町通りを知りました・・・。

柏崎はもっとアピールしてもいいのでは?8号線にはわかりやすい市街地までの案内板の設置やまとまりのある観光案内があってもいいように思います。

海が近くて山が近くて自然があって名物もいっぱいある、そんな柏崎をもっともっと全国の方に知っていただきたいと願っています。

最近ではこの「eこって柏崎」も、柏崎のよいとこ自慢の一つになっていると思います。

食べ物・飲み物・観光・工業・商業と多種多様な柏崎がここにあります。

ちなみに当店も紳士服のことならお任せください!

カジュアル服から、ネクタイ、ハンカチ、かっこよく決まるスーツまで、トータルでコーディネイトしていただけるようお手伝いいたします。

これからはクリスマスプレゼントにも最適な商品がそろっています。

ハモ姐'Sお店自慢がすんだところで・・・

これからは柏崎の好いところをもっと自慢できるように、もっと柏崎を知りたいと感じる今日この頃です。

土地のことを知るにはまず人を知ることから!

というわけで、柏崎にきてからは仲間ができて一緒に歌を歌っています。

歌をとおしていろんな方と知り合えるのが、最近の楽しみです。

さて、ゴスペルもどきグループ「ハモ姐'S」が、柏崎名物になる日がくるのでしょうか・・・?

洋服のヌノカワ 布川 郁子

eこってニュース バックナンバー
掲載月でさがす
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年